適当さを交えながらムダ毛と付き合う

ムダ毛の悩みってホントにつきなくて、いっそのこと考え方を変えてしまおうと思ったことがあります。考え方を変えるのは簡単じゃないけれど、要するに「完璧主義じゃなくて結構適当でもいいんじゃないか」と思うようになれたらいいなと思ったのです。
ムダ毛は嫌でも何でも必ず生えてくるわけだから、それに目くじらを立てていたって仕方がないと思ったのです。わき毛や脛毛は女性としてお手入れしていないと恥ずかしいのでそこだけはきっちりやりたいと思いますが、後のところは完璧じゃなくても良いと思うようにしたら、かなり精神的にラクになれました。
生きていると悩みはいろいろあります。そう考えるとムダ毛の悩みなんて結構小さな事だと思えるようになりました。もっともっと大きな悩みがありますから、ムダ毛のことはその時その時やっていけばいいと思えるようになったのです。
これからも完ぺきではなく適当さも交えながらムダ毛と付き合っていきたいと思っています。